BLOG TO CONNECT THE DOTS

【トレンドアフィリエイト】稼げないのには理由がある!原因や対策を考えていますか?

トレンドアフィリエイトで稼げない理由

ネットビジネスやアフィリエイト初心者の方がまず実践することをおすすめしたい手法は、「トレンドアフィリエイト」です。

トレンドアフィリエイトは初期投資額が少ない(=リスクが低い)ことや、WEBに関する特別な専門知識が必要ではなく正しいノウハウさえ分かっていれば簡単に短期間で稼げるようになるということで、多くのアフィリエイターが始める手法です。

しかしいくら「初心者におすすめ」とはいっても、短期間で稼げる人もいればいつまで経っても稼げないという人もいます。

もし現在トレンドアフィリエイトを実践していてそれなりに実践期間も長いのに稼げないという方は、しっかりと理由や原因を考えていますか?

今回はそういったトレンドアフィリエイトを実践しながらもなかなか稼げない方に向けて、原因や対策を兼ねてご紹介していきます。

 

 

がむしゃらに作業を続けるのは間違い!稼げない理由を考え、現実と向き合おう

 

稼げない理由

 

トレンドアフィリエイトを実践してある程度の期間をやっているのに、アクセス数が全然思うように集まらないし、収入も少ない…。

こういう状態にいるとやはりモチベーションは下がってしまいますし、最初は頑張って更新作業ができていたのに今は思うように作業が進まない…ということもありますよね。

 

トレンドアフィリエイトは、最初書いた記事に全くアクセスが集まらなかったのに、ある時急にアクセスが集中して収益がすごいことになる!という事も起こり得るのですが、やはり普段からアクセスの集まる記事を量産できなければ非効率です。

なので、もし現在実践しているのに1日の収益もアクセス数(PV数)も少ないということであれば、「とにかく記事数を増やそう!」とがむしゃらに作業するのではなく、一旦立ち止まり原因を探ってみましょう。

 

こういったスランプのような状態に陥ると抜け出す方法が見つからず、また「一度立ち止まる」というのはまた1からの初心に戻ったようで苦しいことだと思いますが

「短期間で稼げる人がいるのになぜ自分はこんなにやっても稼げないんだろう…?」と、

行き詰まった時こそ現実と向き合うことがとても大切です。

 

 

稼げない理由は、キーワード選定とタイトルにあり!

 

トレンドアフィリエイトは、その名の通り「トレンド=旬の話題」ということで、タイムリーな話題をピックアップし、それを記事にして書きますよね。

ネタ探しはYahoo!ニュースをはじめとしたネット上のニュース速報や、テレビで放送されているニュースやバラエティ番組などからいくらでも探すことはできます。
しかし、いくら「これだ!」というネタを見つけたとしても、その自分の見つけたネタをキーワードに検索するとライバルがたくさんいたり、ライバルの少ない記事を見つけて最初は上位に表示されていたはずなのに、いつの間にか他のライバルに抜かれてアクセス数が下がったり…ということがあります。

 

ただなんとなくネタを見つけて記事を書いても、今やトレンドアフィリエイトを行っているライバルはたくさんいます。

なので、そんなライバルが多い中でもしっかりとアクセスを集め収益を上げていくには、キーワード選定と検索者を惹きつけるタイトルを書くことが必須になります。

 

多くの人が注目しそうなネタを見つけたとしても、やはりキーワード選定をせずに記事を書いてしまってはライバルにすぐ埋もれて自分の記事にアクセスは集まらなくなります。

そこで、ネタを見つけたらまずはしっかりとライバルチェックをしましょう。

 

ライバルチェックをするには、Yahoo!検索の虫眼鏡(サジェスト機能)を使ったり、goodkeywordで関連キーワードを見つけてライバルがいるかいないかを調べます。

そこで自分の選んだキーワードで記事を書いても上位表示されるか、しっかり見極めましょう。

 

仮にライバルの少なそうなネタを見つけて自分のサイトの記事が上位表示されていたとしても、そのキーワードであなたのサイトよりももっと強いライバルサイトが同じようなキーワードで記事を書いてしまった場合、負けてしまうという可能性もあります。

しかしそこで負けずに上位表示させておくには、検索者を惹きつけるタイトルを書くことが重要になります。

 

ライバルチェックをしている時に、仮にものすごくライバルの多いキーワードがあったとします。

それでも検索上位に来ている記事というのは、その記事のタイトルがなんだか「見てみたい」と思わせるような書き方だったりする時がありませんか?

 

検索上位につける記事を書く際は、内容だけでなくタイトルを考えるのもかなり重要になってきます。

なので、記事の内容の濃さだけに気をとられるのではなく、まず「自分が検索者だったらどういうタイトルなら惹きつけられるだろう?」と、読み手の立場になって考えてみると良いと思います。

 

 

アクセスが集まった記事から今後のアクセスアップ対策を学ぶ

 

もし過去にアクセスの集まった記事があったなら、そこから「なぜこの記事にこんなにアクセスが集まったのか?」ということを分析することも効果的です。

 

アクセスが集中した記事があった場合に分析するポイントとしては、

 

・その記事は速報系(新規キーワードを狙った記事)だったのか?

・キーワード選定がうまくいった(ライバルが少なかった)のか?

・他のライバルサイトよりも目立ったタイトルが書けたのか?

・他のライバルサイトよりも濃い内容の記事が書けたのか?

 

などがあげられます。

けっこう細かいかと思うかもしれませんが、逆にこの分析がしっかりできれば、今後書く記事でアクセス数を稼ぐ記事が書けるようになっていくと思います。

 

実際僕がトレンドアフィリエイトを実践してアクセスが伸び悩んでいた時期があったのですが、その時に上記のような分析をし初心に戻ってキーワード選定やタイトルの書き方を考え直してからは、その後書く記事1つ1つにかなりなアクセス数を集められるようになり、またサイト全体のPV数も飛躍的にアップしました。

なので、この分析方法はおすすめです!

 

 

最後に

 

トレンドアフィリエイトは「始めて数日で稼げるようになる!」といったものではなく、後々大きく稼げるようになるためにはある程度の慣れや記事数の多さ、その他アクセス数(PV数)を効果的に集めるノウハウなどが必要になるので、やはり効果的に稼ぐには時間は必要です。

しかし、多くの人は稼げない理由をしっかりと探すことも今後の対策も大してせずに「稼げないからもういい」と投げ出してしまいます。

 

もちろん記事数もある程度必要にはなってくるので、最初のうちはアクセス数よりも記事の量産の方が大事だというのは間違いではありません。

しかし、「稼げなくてもとりあえず量を作ればいいんだろう」と思いキーワード選定やタイトルの書き方をあまり考えずに記事の量産だけをしてしまっては、非常に非効率ですし記事数を増やす意味もなくなってしまいます。

 

しっかりとアクセスを集める記事を書いて収益を上げていくには、がむしゃらに作業をするのではなく敢えて一旦立ち止まり、自分の書いた記事にアクセスが集まらない理由をしっかりと追求しましょう。

そしてこれまでにアクセスが集まった記事があったのならば、その記事になぜアクセスが集まったのかしっかりと分析をしましょう。

これらを行うことで、今後書く記事でアクセスアップしていくことはできるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  1. トレンドアフィリエイトがおすすめな理由
  2. おすすめレンタルサーバー
  3. ネットビジネスを家族や恋人・友人に反対された時の対処法まとめ
  4. 記事数
  5. ネットビジネスは独学で本当に稼げる?継続的に稼ぐ方法
  6. PV数

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PROFILE

Profile image
「デザイン」「音楽」というクリエイティブな道に進みながらも夢の為の投資と生活資金の両立に悩まされ、社会人を経験。しかし職場ストレスに悩まされ、再度「自分には好きな事をやる道しかない」と痛感。そしてネットビジネスを始めて約3ヶ月で月収10万円を達成し、PC1台で『自分で稼ぐ力』を得る。

現在はデザインやWEBマーケティングを中心に、デザインの手助けや自由な生活を実現したい方々の為にコンサルティングをしています。
PAGE TOP