BLOG TO CONNECT THE DOTS

【2016年下半期】Googleアドセンス審査合格への道は厳しい?ブログ記事の書き方や内容の変化について

Googleアドセンス審査2016年度版

 

トレンドアフィリエイトなどの広告報酬型のアフィリエイトを始めようとしている方にとって最初の関門となるのが、Googleアドセンスの審査申請です。

Googleアドセンスの審査は、今年2016年になってから審査基準が変わってきており、中でもここ数ヶ月の間で審査がだいぶ厳しくなってきているように感じます。

 

僕の所属しているビジネスコミュニティ内でも日々アドセンス審査基準や推移については語り合っているのですが、やはり以前と比べると審査基準を厳しくして“質の低いサイトはふるい落としている”という印象を受けます。

しかし、当然そんな中でもアドセンス審査に一次も二次も1発で合格しているという方もいます。

今回は、最近その審査基準が変化してきていると思われるGoogleアドセンスの審査を合格させるためにはどうすれば良いのか、その書き方や記事内容についてご紹介していきます。

 

 

Googleアドセンス審査に100%合格する対策はない?!

 

Googleアドセンス100%合格

…いきなり出鼻をくじかれるような見出しですよね。

細かく説明すると、Googleアドセンスの審査基準というのはGoogleの社員の方しか分からず、合格するための方法は公開されていません。

そのため、これからご紹介していく対策方法なども最近の実践者の方々の声を元にしているので、「こうすれば100%合格する!」とまで保証する対策法は存在しないということを理解する必要があります。

 

ただ、そうは言っても実践者の方々の声を元に分析したところ、最近のGoogleアドセンスの審査基準の傾向から合格までの対策法はほぼつかめている<ということもありますし、
予測も信頼度の高いものではありますので、アドセンス審査に落ちてしまいなかなか突破できない方や、これから審査を受けるために記事を書く方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

2016年上半期〜下半期でのGoogleアドセンス審査規定の変化

 

ちなみに僕が初めてアドセンス審査を受けたのは、時期で言うと2016年の春頃でした。
Googleアドセンスの申請方法や審査基準の変化は、今年からだいぶ変わってきているといいます。

 

以前までは、審査査定に出すブログサイトは無料ブログ(例: FC2ブログ、忍者ブログ、ライブドアブログなど)で良かったため、ブログ開設も楽で記事さえ普通に書けば大丈夫…と言う感じだったようです。

しかし2016年春頃から無料ブログでの申請ができなくなり、独自ドメインのみから申請を受け付けるという仕様に変わりました。

ここで、やはり質の低いサイトを少しずつふるい落とす傾向になってきたのだなと感じました。

 

これ以降、アドセンス審査用のブログサイトでも独自ドメインを取得してサイトから記事を更新する事が必須になったのですが、

合格するためのブログ記事内容は「普通の日常を綴った日記」という感覚で書いていれば問題なく審査に合格できたので、そこまで厳しくはありませんでした。

しかし、2016年8月頃からまた審査基準の変化があったようで、記事内容についてもしっかりと対策をしなくては合格できないようになってきたようです。

 

 

2016年11月以降、Googleアドセンス審査に合格するための書き方や記事内容は?

 

僕が審査した2016年春頃当時は、独自ドメインを取得して最初からWordpressブログを立ち上げて…という傾向に変わったので戸惑いはありましたが、

ただ審査用ブログに書くべき記事数は5〜10記事で、文字数でいえば1,000字程度書いていれば1次審査も2次審査も普通に合格できました。

 

しかし、最近のアドセンス審査申請者の方々の声を聞くと、今後アドセンス審査に合格するためには記事数ももっと多く書く必要があり、また内容も以前のように「普通の人日常を綴った日記」だけでは通用しないと感じます。

 

実際にどれくらいかというと、最低でも25記事ほどと言われています。

 

しかしこれくらいの記事数だと合格率があまり高くないという可能性もあるので、合格率を少しでも高めたいのなら30〜40記事くらいを推奨します。

 

そして書くべき記事内容についてですが、これまでのように「ただ日常を綴った日記」というだけでは”内容が薄い”と解釈され、落とされてしまうという傾向にあるようです。

 

そのため、アドセンス審査に合格するために書く記事の内容は、「サイト訪問者にとって役に立つ情報系記事」を書くことを心がけましょう。

 

サイト訪問者にとって役に立つ情報系記事って何か?といいますと、色々ありますが例えば

・野外フェスに参戦するためにはどんなグッズを持っていけばいいか?
・スマホアプリ(パズドラやモンストなど)の簡単ダンジョンクリア攻略法
・いつも大混雑する人気スイーツ店に並ばずに入るための方法
・髪の傷みを防いで常にツヤツヤな状態を保つには…?!

などなど、ジャンル問わず本当にたくさんあるので、あなたなりの得意分野でお役立ち情報の記事を書くことをおすすめします。

 

マニアしか知らないようなレベルの情報までは書かなくて良いかと思いますが、ここで理解しておきたいのは「パクリではなく自分の言葉で、しっかり内容のある質の高さを感じられるサイトであれば合格できる」ということです。

 

 

最後に…何より注意すべき点はここ!

 

今は何でもネット検索して調べれば情報が出てくるので、例えば「Googleアドセンス 2016年 合格 方法」などで調べれば、きっと多くの合格方法や対策などの情報が出てくるはずです。

 

しかし、いくらそういった情報を調べたところで、ある重要な点をスルーして記事を書き進めてしまっては何をやっても不合格になります。

 

その「ある重要な点」というのは、Adsenseプログラムポリシーに沿っているかどうかという点です。

 

Adsenseプログラムポリシーには、審査時にユーザーが遵守すべきポリシーが掲載されています。

動画でもこのプログラムポリシーについて見ることができるので、こちらもしっかりと目を通してみてください。

 

コンテンツのガイドラインや著作権についてだいぶ細く書いてあるので、「長ったらしくて分かりづらいな…」と思ってしまうかと思いますが、

確実に合格する人はそういった細かい点からしっかりと押さえ、ブログ記事も真剣に取り組む人だということは間違いありません。

いくら情報を多く書いても更新する記事内容がこのプログラムポリシーに反してしまっていては合格できませんので、しっかりと読んで最低限遵守すべき点は遵守した上で記事更新を進めていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  1. ネットビジネスを始める理由
  2. なぜバンドマンやアーティストにネットビジネスがおすすめなのか
  3. 不労所得までの道のり
  4. ネットビジネスにおすすめなパソコンはMacかWindowsどっち?
  5. アフィリエイトの種類
  6. ネットビジネスは稼げる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PROFILE

Profile image
「デザイン」「音楽」というクリエイティブな道に進みながらも夢の為の投資と生活資金の両立に悩まされ、社会人を経験。しかし職場ストレスに悩まされ、再度「自分には好きな事をやる道しかない」と痛感。そしてネットビジネスを始めて約3ヶ月で月収10万円を達成し、PC1台で『自分で稼ぐ力』を得る。

現在はデザインやWEBマーケティングを中心に、デザインの手助けや自由な生活を実現したい方々の為にコンサルティングをしています。
PAGE TOP