BLOG TO CONNECT THE DOTS

【2016年度版】トレンドアフィリエイトにもデザインが重要に…!?その理由は?

 

トレンドアフィリエイトは初心者でも実践しやすく、また短期間で成果を上げやすいということから多くの初心者アフィリエイターが実践しています。

その稼ぐ為の手法はだいぶ知れ渡っており、きっと芸能人に関してのキーワードで検索すると多くのトレンドブログサイトにたどり着くはずです。

 

しかし僕が思う事は、内容は良質のものだとしても、
見映えというか、デザイン性に欠けるな…と。

 

これまではトレンドアフィリエイトサイトを運営するにあたってデザイン性はあまり重視されていなかったようですが、

2016年度からはデザイン性もかなり重要になってくる傾向があるように感じます。

 

今回は、なぜトレンドブログサイトにもデザインが必要になるのか?

そしてなぜ僕がデザインについて重要生を感じているのか、その理由をまとめました!

 

 

Googleアドセンスの審査基準の変化

 

Googleアドセンスの審査は、2016年から(特にここ数ヶ月の間)で審査基準がだいぶ厳しくなったと感じます。

 

僕が初めてアドセンス審査を受けた頃の時期は、ちょうど審査査定に出すブログサイトが無料ブログ(例: FC2ブログ、忍者ブログ、ライブドアブログなど)ではだめになり、

アドセンス審査用のブログサイトでも独自ドメインを取得してWordpressサイトから記事を更新する事が必須になった頃でした。

 

記事内容はGoogleからの規約に準じていればそこまで深く考える事はなかったのですが、最近は特に記事内容の査定も厳しくなっています。

(参考記事:【2016年下半期】Googleアドセンス審査合格への道は厳しい?ブログ記事の書き方や内容の変化について

 

Googleアドセンスの審査基準というのは公開されないのであくまで予測でしか対策は立てられませんが、

ここまで審査基準が上がっているということは、つまりあまり役に立たないサイト(どのサイトを見ても同じだと感じるような内容の薄いサイト)をこれ以上増やさないための対応だと捉えた方が良いと思うのです。

 

となると、当然アドセンス審査に出すときに気をつけるべき点は、

もちろん記事内容に関して気をつけるのはもちろんですが、サイト全体のデザイン性も考えた方が良いということになりますよね。

 

いくら記事の内容が悪くなかったとしても、見映えの悪いサイトや配色が見づらいサイトだと、あまり読む気が起こりません。

 

なので、1発で審査に合格するサイトを作るためには

見やすく整ったレイアウトのサイトをしっかりと考え、作る必要があります。

 

 

さらなるGoogle手動ペナルティー基準の変化の可能性

 

アドセンス審査の基準が厳しくなってきているということは先述の通りですが、Googleからの手動ペナルティーの方も徐々に厳しくなっているように感じます。

 

Googleの手動ペナルティーは、ウェブマスター向けガイドラインで記載されているガイドラインに違反したサイトに対して発動されます。特に、ユーザーをだますような誘導をしたりWebスパムなどを利用している場合は、手動ペナルティを受ける可能性が高くなります。

ただ、注意すべき点はそれだけではありません。

 

Googleは、どこにでもあるようなサイトを嫌う傾向があります。

そのため、いくら手動ペナルティーの対象となる規約を破らないように気をつけていても、内容が薄くデザイン性(独自性)のないサイトはある時急に検索圏外に飛ばされるという可能性もあります。

 

では、サイトを安全に運営し続けてGoogleの手動ペナルティーのリスクを少しでも減らすためにどうするのが得策なのでしょうか?

 

もし1つ1つの記事の文字数が1,000字程度もしくはそれを下回るような場合、おそらく「質の低いコンテンツ」とみなされる可能性が高いと思われます。

そのため、対策としては記事内容の充実化をさせるというのはもちろんしっかりとやるべきなのですが、

基本的に対策として多く挙げられているのはこうした

「ガイドラインから外れないようにしよう!」ということや、
「記事の内容を充実させて他のライバルサイトとの差別化を図ろう!」

などなんですよね。

 

しかし、僕はそれだけではないと思います。

 

そういったことを考え日々対策しておくのはもちろんですが、やはり独自性を最も演出させてくれる「サイトデザイン」も重要だと考えるべきなのです。

 

デザインは、記事内容の『文章』と違い、視覚に訴えるものなので
そのサイトを見ただけですぐに見映えが良いのか悪いのかは判断できますよね。

 

きっとあなたも、とあるキーワードについて検索して上位に出てきたサイトを見てみたけど、
サイトのレイアウトが見づらかったり文章が読みづらかったのですぐ別のサイトを見に行った…という経験が、少なくとも1度はあったのではないでしょうか。

 

ではもしそういった行動を、自分の運営しているサイトで訪問者にされてしまったらどうでしょうか?

 

せっかく記事の内容をしっかり考えて書いたのに、上位表示もできていたのに見映えの悪さですぐに訪問者が離れてしまい、
気づけば自分のサイトよりもオシャレなサイトの方が上位表示されてしまっている…。

滞在時間も短くなるだけでなく収益にも響いでしまうので、とても悲しいですよね。

 

そのような悲しい結末にならないためにも、

そしてもちろんGoogleからも検索圏外に飛ばされるような低質なサイトとして判断されないためにも、デザイン性にもしっかり気を配りましょう。

 

 

最後に

 

トレンドアフィリエイトを実践するにあたって、これまではとりあえず記事を更新してSEO対策をしてライバルサイトと差別化できるように独自性のある内容をしっかり考えて…

ということが重視されていて「デザイン性は必要ない」と語られているサイトが今でも多く存在していますが、年々Googleからの基準が変わっています。

 

そういった変化がGoogleから出てきているのなら、当然自分の運営するサイトにもその変化に応じて変わり続けていかなければなりません。

 

ダーウィンが残した有名な格言の中の一つに、

『生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである』

という言葉があります。

 

長く続くサイトを運営していくためには、周りの状況の変化に応じて、それに適応させていく必要があります。

ガイドラインに違反することなく、記事内容をしっかりと考えるというだけではなく、
「自分がこのサイトを読みたいと思うようなデザインなのか?」も、訪問者の立場になってしっかり考える。

それができれば、あなたのサイトもしっかりと運営し続けられるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  1. トレンドアフィリエイトがおすすめな理由
  2. ネットビジネスを家族や恋人・友人に反対された時の対処法まとめ
  3. ネットビジネスは独学で本当に稼げる?継続的に稼ぐ方法
  4. トレンドアフィリエイトで稼げない理由
  5. PV数
  6. 記事数

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PROFILE

Profile image
「デザイン」「音楽」というクリエイティブな道に進みながらも夢の為の投資と生活資金の両立に悩まされ、社会人を経験。しかし職場ストレスに悩まされ、再度「自分には好きな事をやる道しかない」と痛感。そしてネットビジネスを始めて約3ヶ月で月収10万円を達成し、PC1台で『自分で稼ぐ力』を得る。

現在はデザインやWEBマーケティングを中心に、デザインの手助けや自由な生活を実現したい方々の為にコンサルティングをしています。
PAGE TOP