BLOG TO CONNECT THE DOTS

うつ病になっても仕事を続ける方法は?意外な社会復帰の方法

うつ病になっても仕事を続ける方法

 

うつ病は、精神的にも身体的にも苦しみが大きいものにもかかわらず、まだまだ多くの人には理解されにくいものだと感じます。

 

今の社会は『ストレス社会』と言われ、会社での精神的ストレスが原因で心療内科や精神科に通っている患者は増え続けています。

そしてニュースでは、職場でのあまりのストレスに耐えきれず生きる道を諦めてしまった人たちの悲しい報道を見る機会が、以前にも増して多くなっている気がします。

 

一度職場でのストレスからうつ病になってしまうと、仕事を辞めたい気持ちが強くなります。

でも、周りからは「そんな事で辞めるのか」とさらにプレッシャーをかけられてしまう。

いざ会社を辞めたとしても、社会復帰したり再就職してもまたうつ病が再発してしまい、結局同じことの繰り返しになってしまう。

 

こういった経験がある方もいると思います。

そして僕自身も、どんなに職場を移してもストレスを抱え込んでしまい、鬱と闘ってきました。

 

再就職した先で鬱が治れば最高ですが、単に職場を変えるだけでは治らない事もあります。

 

うつ病でまだ悩んでいるし仕事をして生活していかなければならないのは頭で分かっているけど、体がついてこない。

職場を変えても、またうつ病が再発してしまった。

 

もう自分には社会復帰ができないのか…?

 

そんな時、うつ病になっても仕事を続ける方法はあるのでしょうか?

再就職してもうつ病が再発してしまった僕が、絶望から未来への道を見出せた意外な社会復帰の方法を体験談を元にご紹介します。

 

 

なぜ自分はうつ病になってしまったのか?なぜ再発するのか?原因をとことん考えてみよう

 

うつ病は、もちろん完治する人もいますが、治ったと思った矢先に何かがきっかけで再発してしまう可能性もある病気です。

僕は、ちゃんと立ち直ればもう再発しないと思っていましたが、再就職した先でまたうつ病が再発してしまったという経験があります。

 

いくら立ち直ったとしても、自分にとって「これだけは耐えられない」というストレスの原因に気付かずにいたら、いくら職場を変えても再発し同じ事を繰り返す羽目になってしまいます。

 

まずは、うつの原因を解明するために、自分の心に問いかけましょう。

 

 

・何がきっかけでうつ病になってしまったのか?(職場の同期や上司、仕事内容、自分のペースが乱される、毎日の通勤 etc.)

・自分が「これだけは耐えられない」と思うストレスは何なのか?

・どんな環境ならストレスを感じずに仕事ができると思うか?

 

 

あくまで一例ですが、こういった質問を自分に投げかけ、とことん原因を探ってみましょう。

 

うつ病を完治させるための最善の道は、現実から逃げる事ではなくまず自分としっかり向き合うことからです。

 

 

会社員として生きるのだけが、本当に唯一の道なのだろうか?

 

自分自身へ質問をして、自分がうつ病になってしまう原因が単に職場を変えるだけでは解決されないものだったとします。

その場合、きっとこの先どんなに職場を変えてもまたどこかで再発してしまい、さらに辛い思いをしてしまうはずです。

 

生きていくには、最低限生活できるくらいにはお金が必要です。

最近はYouTuber(ユーチューバー)と呼ばれるような、好きな事をしてお金を稼いでいる人もいるし、何をしているのか分からないけどカフェでノマドワークをしている人がいたりと、自由に伸び伸びと仕事をしている人が多くなってきました。

うつ病になる人が増えてきている一方で、自由に稼げる人も増えてきた。

 

良い意味でも悪い意味でも社会が少しずつ変わってきているのに、それでも就職して会社員となるしか道がないのか?

 

僕はそこに疑問を持ち始めました。

 

 

「皆と同じ道を無理に歩かなくても良い」ということを知ろう

 

皆と同じ道を歩かなくて良い

 

YouTuberやノマドワーカーなど、自由に好きなことをやりながらお金を稼ぐ人が増えてきてはいますが、やはりそれが叶っているのはごく一部の人だけだろう。

自分はその人たちのように特別な存在じゃないから、それは無理だ…。

 

「自分は特別ではない。」

そう考えてしまうのは、不思議なことではないと思います。
特にうつ病になってしまった人こそ、より一層そう考えてしまうと思います。

 

ですが、また会社員に戻ってしまってはきっと同じ事の繰り返しになり、うつ病が再発するたびにあなたの心はどんどん傷つき、心はどんどんすり減ってしまいます。

 

多くの人が歩く道(会社員として働き続ける道)から外れるのはきっとものすごく不安が大きいでしょうが、どう頑張っても自分がその道に合わないのなら、「自分なりの道を歩いた方が良い」という事を自分の体が伝えてくれているのだと思います。

 

人は皆別々の性格や価値観を持っているのですから、生き方が違っても何も不思議ではないと思います。

 

僕が大学受験について悩んでいた高校3年生の頃、将来の道について悩んでいた時に、当時の副担任の先生がこのような言葉を伝えてくれました。

 

 

「周りの皆と同じ道を無理に歩こうとしなくても良いと思うよ。」

 

 

この言葉は今でもとても深く印象に残っていて、辛い思いをした時に僕を励まして立ち直らせてくれた言葉です。

そしてうつ病の原因を突き止め僕が会社員としての道を歩く事を辞める決意をした時にも、この言葉に助けられました。

 

家族や周りの友人など、皆が会社員として頑張っていたら、自分も同じ道を歩かなければいけないと感じるかもしれません。

 

でも、自分は自分。

親や兄弟、もちろん周りの友人とも性格は違います。

 

だから、周りがどんな道を歩んでいたとしても、気にせず自分が本当に生きていけるという道を探して歩けば良いのです。

 

 

うつ病になっても仕事を続ける道はある!

 

もしうつ病になった原因が明確になり、自分がもうこの先も会社員としてやっていけないと思うのなら、会社員の道を思い切って捨てましょう。

でも、その道を捨てても会社員時代と同じくらい、もしくはそれ以上の生活資金を稼ぎながら仕事をすることはできます。

 

そうなるには、自分で稼ぐ力をつける必要があります。

 

自分の力だけでお金を稼げるなら、会社員として生きる道を選ばなくても良いのです。

僕はその道を探し求めた先で、ネットビジネスというものに出会いました。

 

アフィリエイトという言葉は知っていたのですが、正直最初はネットビジネス自体に「なんか胡散臭い…」という悪いイメージしか持っていませんでした。

でも、少なくとも当時の僕には、会社員の道を歩けない以上他に道はないと思っていました。

なので本当に稼げるのか稼げないのかはやってみてから考えるしかないと思い、メンター(指導者)を見つけ正しいノウハウを教えてもらってネットビジネスを真剣に始める事にしました。

 

そうしてネットビジネスに対して知識ゼロの状態から実績を構築し、会社員と同等の資金を半自動的に稼ぐ仕組みを作る事ができました。

職場のように周りの上司などからプレッシャーを与えられることなく、好きな場所を選び、自分のペースで作業をできるのでこれ以上の環境はないと思っています。

 

 

最後に

 

うつ病は主に精神的な苦しみからくる病気なので、未だ周りの人々に理解されづらいように思います。

その苦しみと闘っている間はとても辛いですが、でもそれは「自分らしい生き方をした方が良い」と、自分の体が知らせてくれているのです。

 

うつ病を完治させる最善の方法は、自分がなぜうつ病になってしまったのか原因を明確にすることから始まり、自分らしく生きれる道を見つけてそこに向かって歩くことで解決できると思います。

 

もしわからないことや質問・相談などあれば、お問い合わせフォームやSNSでもかまいません。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧

  1. 元バンドマンは無理に就活・就職するな
  2. 職場での人間関係のストレスでもう悩みたくない!対処法まとめ
  3. 稲葉浩志名言
  4. バンド活動が好きなら就活やアルバイトをするな
  5. GACKT
  6. 『天使のくれた時間』から学ぶ、本当に幸せな人生を生きる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PROFILE

Profile image
「デザイン」「音楽」というクリエイティブな道に進みながらも夢の為の投資と生活資金の両立に悩まされ、社会人を経験。しかし職場ストレスに悩まされ、再度「自分には好きな事をやる道しかない」と痛感。そしてネットビジネスを始めて約3ヶ月で月収10万円を達成し、PC1台で『自分で稼ぐ力』を得る。

現在はデザインやWEBマーケティングを中心に、デザインの手助けや自由な生活を実現したい方々の為にコンサルティングをしています。
PAGE TOP